吃音でも藤沢周平さんのように生きる


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
藤沢さんも少年時代からの吃音に悩んでおられた一人です。吃音が治ったきっかけは中学時代に学級委員長級長をつとめ、人前で話す事に自信がついたためと話されています。「いつの間にかに治った」というところは脳科学に基づく吃音治療に通ずるところがありますね。それでは藤沢周平さんの吃音人生を見ていきましょう。

この人ってどんな人

日本の小説家で主に時代小説(武家もの)で大変有名な作家です。1927年12月生まれ、1997年1月26日に69歳で亡くなっています。代表作には「暗殺の年輪」「白き瓶」「蝉しぐれ」などがあります。映画化も多数されており、有名なものでは真田広之主演の「たそがれ清兵衛」永瀬正敏主演の「隠し剣鬼の爪」木村拓哉主演の「武士の一分」豊川悦二主演の「必死剣鳥刺し」東山紀之主演の「小川の辺」など。ちなみに東山紀之は藤沢周平の家族との日々の生活や直木賞を受賞するまでの道筋を描いたTBSテレビのドラマ「ふつうが一番」にも出演しています。藤沢の作風は武家ものでも池波正太郎や司馬遼太郎と異なり、慎ましい生活を送る下級武士の貧しくとも忘れない武士としての心得、自尊心を美しく描き上げています。

実は苦労人、波乱万丈な人生

藤沢周平は山形県鶴岡市の農家で生まれ、自身も幼い頃から農業の仕事を手伝いながら学校に通っていました。生活は決して楽ではないが、真面目に仕事をし、家族が仲良く平凡な毎日を暮らしていく農村風景が彼の作品に登場する主人公の日常と繋がっているように思います。山形県立鶴岡中学校の夜間部に入学し、昼間は印刷会社などで働きながら、夜は学校に通う苦学生でした。中学を卒業後師範学校に進み、県内の中学校の国語と社会の教師として勤務しますが、その後、結核のため、退職することになります。病気が治ってからは勤め口を探すのに苦労し、なんとか東京の業界新聞社に入社しますが、倒産が相次ぎ、各社を転々とすることになります。その後、結婚し、直木賞を受賞するまでは生活面では大変苦労されたようです。

こんなにもある受賞

藤沢周平が初めて「溟い海」でオール讀物新人賞を受賞したのが44歳の頃ですので、大変遅咲きの作家だったといえます。しかし、その翌々年の1973年には代表作「暗殺の年輪」で直木賞を受賞してから生活は一変、勤めていた業界新聞社を退職し、本格的に作家活動に入ることになり、その後はそれまで心に溜まっていたものを吐き出すがごとく精力的に作品を作り続け、順調に名だたる賞を受賞していきます。1986年に「白き瓶」で吉川英治文学賞を受賞、1989年に「市塵」で芸術選奨文部大臣賞、その後は作家としての受賞として1989年に菊池寛賞、1994年朝日賞、1995年には紫綬褒章を受賞し、亡くなる年である1997年には山形県県民栄誉賞を受賞することになります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*