どもりがなんだ!田中角栄さんが吃音を改善した意外な方法


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
この方も吃音者として有名ですよね。第64代・65代内閣総理大臣。高校を卒業せずに総理大臣になった反面、凄腕として今でも伝説として取り上げられることもあります。しかも人を魅了するスピーチの天才として。このようなエピソードからは吃音者とは思えないですが、やはり幼少時から吃音に悩まされていたようです。しかし歌っている時だけ吃音が出ない事に気づき浪花節を歌って吃音を克服したという強者です。歌うときはどもらないというのはまさしく吃音の特徴ですね。それでは田中角栄さんの吃音人生を見ていきましょう。

人物紹介

田中角栄は1972年7月から1974年12月まで日本の内閣総理大臣を務めた人物である。

歴代の内閣総理大臣の中では、

最も有名な総理大臣の1人である事は間違いないであろう。

田中角栄は新潟県で7人兄弟姉妹の唯一の男子であった。

父親の事業の失敗により、

幼少期は貧しい暮らしを余儀なくされた。

戦後田中角栄は政界に進出するも収賄の容疑で逮捕されるなど、山あり谷ありの政治家人生であったが1948年に行われた衆議院総選挙に獄中立候補し、

保釈後の1949年に再選を果たすなど、

逆境に負けないエネルギーを持っていた。

1972年に内閣総理大臣に就任、

その後1974年に退任し、

退任後ロッキード事件の際に自民党を離党、

ロッキード事件の決着を待たずして1933年に没した。

田中角栄の政策

田中角栄の在任中の主な政策としてあげられるのが「エネルギー政策」と「日中国交正常化」である。

「エネルギー政策」は当時安全性において不安視されていた原子力発電の推進である。

日本は広島長崎の例もあり、

原子力発電には否定的な風潮であった。

もとより資源のほとんどない日本がエネルギー危機を回避するためには、

エネルギー供給源を分散し、

一部が使えなくても他で補えるようにという考えから、

原子力発電を推進したのであったが、

その為には原子力発電所を作る場所の住民の反発を「電源三法」を成立させ、

交付金などの形で地域の反発をかわした。

また、

「日中国交正常化」を成し得たことは田中角栄の大きな功績であるが、

これは田中角栄の行動力が成し得たことだといえる。

しかし田中角栄の外交能力に関してはその際のやり取りからは疑問視する声もある。

田中角栄の名言

田中角栄は様々な名言を残している、

その幾つかを紹介したいと思う。

「貸した金は忘れろ」

田中角栄に若手議員が100万円の借金を申し出た時、

田中の秘書がその議員に届けたのは300万円であった。

その中にはこう記されていた、

1、まず100万でけりをつけろ

2、次の100万でお前の不始末で苦労した周りの人たちに、うまいものでも食わせてやれ

3、次の100万は万一の為に持っておけ

4、以上の300万円は返済無用である

田中角栄の器の大きさがそうさせたのか、

なんともスケールの大きなひとではないだろうか。

「人を愛さなきゃダメだ」

これは人間はみんな出来損ないで失敗もする、

そんな人を愛せなきゃダメだ、

そこにしか政治はないし、

政治の原点はそこにあるんだ。

といった意味の言葉である。

幼い頃を貧乏で過ごした田中だから思うことなのかもしれない。

他にも田中角栄は数々の名言を残している。

賛否両論あるがどれも考えさせられる言葉だ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*