中坊公平さんは実は吃音者だったって知っていましたか?


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
結婚式のスピーチをした時に吃音が原因で場をしらけさせ、「弁護士なのに弁がたたない」と言われるという、同じ吃音者として胸が痛くなるようなエピソードがあります。それでは中坊公平さんの吃音人生を見ていきましょう。

中坊公平さんとは

 中坊公平さんは、その昔数々の難事件の解決に挑み、苦しむ人々を救った、弁護士の鏡ともいえる人物です。弁護士といえば、犯罪の被害者を救う立場でありながら、犯罪に被疑者の弁護もするので、いいイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、中坊公平さんは、犯罪で苦しむ被害者の立場にたって、弱者を助けるために一生を注いだ人物です。京都大学を卒業後、弁護士となり、数々の難事件に挑み、社会的にも評価されましたが晩年、住宅金融専門会社(住専)の社長となり、組織改革や債務回収などに当たる中で、詐欺行為に当たる不透明な会計処理があったとされ、その責任を取る形で弁護士を廃業し、弁護士業に復帰することなく亡くなっています。

中坊公平さんが手掛けた「森永ヒ素ミルク中毒事件」とは

 「森永ヒ素ミルク中毒事件」とは、1955年(昭和30年)の6月頃から、西日本一帯を中心として多数の中毒患者が出た事件です。この事件は、ヒ素が混入した森永乳業製の粉ミルクを使用して、その製品を飲んでしまった乳幼児が中毒症状にかかってしまい、多数の死者、中毒患者が出てしまったというものです。

 現在では、頻繁に食の安全というものが叫ばれる事がありますが、この事件が日本で初めて食の安全というものが問われた事件だと言われています。中坊幸平さんは、この難解な事件の弁護団長に就任して、被害者の救済などに奔走して、被害者の弁護に奔走し、被害者の立場に立った弁護活動を行い、その弁護活動から、弁護士としても注目されるようになりました。

中坊公平さんが解決した「千日デパート火災」とは

 千日デパート火災(せんにちデパートかさい)とは、1972年(昭和47年)に現在の中央区にあった千日デパートで起きた火災事故のことをいいます。戦後史上に残る多数の死者、負傷者が出た事件で、死者118名、負傷者81名という被害者数は、日本のビル火災の中でも史上最悪の大惨事となったことで知られています。

 この事故で、多数の死者、被害者が出たために、その遺族や被害者は、ビルを経営する会社に対する被害補償を求めて訴訟を起こすこととなりました。火災を起こしたビルは、その後撤去され、同ビル内に入っていたテナントなどが強制退去させられることとなりましたが、デパート再興を願う人たちが、訴訟を起こしその弁護団長に中坊公平さんが担当する事となりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*