どもりがなんだ!秋野暢子さんが吃音を改善した意外な方法


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
この方も小学校時代から吃音であまり人と話をせずいじめられっ子だったようです。転機は小学5年生のとき。担任の先生に半ば強引に演劇の舞台に立たせられ、セリフがスラっと言えた事に自信を持ち吃音を克服されました。「治った」ではなく、あくまで「克服」という表現にしているのは吃音が出ないのは演技をしている時だけだそうです。これがきっかけで演劇の道を目指されています。それでは秋野暢子さんの吃音人生を見ていきましょう。

秋野暢子さんて、素敵な女優さんだよね!

秋野暢子さんって、最近のテレビドラマ、とと姉ちゃんを見ていても、個性的な女優さんとして、随分活躍しておられます。NHKの銀河テレビ小説「おおさか・三月・三年」にウェイトレス役で出演、デビューされました。それから、NHKの連続テレビ小説「おはようさん」のヒロインをされたり、その後は、演技力も買われ、本格的に女優業に専念されています。その上、歌手活動もされている時もありました。「おれたちひょうきん族」には、時々歌手として、出演されていたり、今の秋野暢子さんからは、想像できないような、素敵な経歴を持っておられます。身長170cmという、背の高い秋野暢子さんは、テレビドラマや、映画でも活躍しておられ、第60回キネマ旬報ベスト・テンでは、主演女優賞もとられた、素晴らしい女優さんの一人です。

秋野暢子さんの私生活、頑張られていますよね!

秋野暢子さんは、TBSのプロデューサーだった、田代冬彦さんと結婚されましたが、19年間の結婚生活でピリオドをうたれました。その間、流産されたり、苦労も多かったとは思いますが、一人娘の夏子さんを、育てられました。シングルマザーとして、頑張って、子育てと女優業を両立させて、育てられたと思います。そんな夏子さんも、今は大学生、年が経つのは本当に早いものですね。そんな、夏子さんと、一回だけ、テレビ出演されたことがあるそうです。娘さんは、芸能界デビューは、しないとのこと。これが最初で最後のテレビ出演になったそうです。それにしても、可愛い娘さんを一人で育てていくのはほんと苦労も多かったはずですよね。それをばねとして頑張ってこられたから、今も素敵な秋野暢子さんなのかもしれません。

秋野暢子さん、料理もマラソンも、趣味いっぱい持っておっれます。

秋野暢子さんは、女優業だけではなく、料理もプロ顔負けの腕前を持っておられます。料理本も数冊出版されているほどの料理好きです。また、最近は、広島カープファンとしても知られています。今年の広島カープの活躍は目を見張るものがありました。広島カープファンとしては、最高の年になったのでは、ないでしょうか。それから、秋野暢子さんは、走るのが大好きだそうです。地方にロケがあってもシューズは欠かさず持っていき、時間を見つけては、ランニングされているそうです。私も走っているのですが、ランニング女子としては、地方のロケにまでシューズを持って行かれる秋野暢子さんは、とても素敵です。その上、ラジオ体操連盟公認指導者の資格も持っておられます。女優業だけでなく多彩な持ち主ですよね。これからもいろんなことに挑戦されて、活躍されるのを楽しみにしています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*