マリリン・モンローさんの意外な吃音治療方法とは


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
今なお世界で愛される彼女も吃音者でした。両親の離婚など壮絶な生い立ちにより吃音になったのではないかと見られています。それでは彼女の吃音人生を見ていきましょう。

名前の秘密

1926年6月1日、アメリカ・ロサンゼルスで片親のもとに生まれたマリリン・モンロー。その時の本名はノーマ・ジーン・モーテンソン、しかし程なく母親によって姓が変更されノーマ・ジーン・ベイカーとなっています。

ノーマというファーストネームは、映画好きだった母グラディスが当時好きだった女優ノーマ・タルマッジから、ジーンは1930年代のセックス・シンボル、ジーン・ハーロウからとられたと言います。

のちに女優の道に進み、アメリカのセックス・シンボルとなったマリリン・モンローにとって、その事は偶然以上の、なにか運命のようなものを感じずにはいられません。

孤独を感じながら愛に生きた彼女の生涯。その残酷な結末も、神によってあらかじめ決められたものだったのでしょうか?

愛に生きた彼女の男性遍歴

「私がこの世で何をおいても求めているものは、愛し愛されること」という言葉を残しているマリリン・モンロー。

半年で高校を中退したモンローは、母の友人のすすめで16歳のときに最初の結婚をします。お相手は、ロッキード航空機製造会社で整備工として働いていたジム・ドハティ。

一説には15才の時に初めての出産をしているそうですが、その子は里子にだされ、そんな事もあってか半ば無理やりに結婚をさせられたと言います。

しかし彼女はその後15回も中絶手術をしていて、子供を生めない体になってしまいました。

トップスターとなったモンローは、1954年にニューヨーク・ヤンキースのスター選手ジョー・ディマジオと結婚します。二人の結婚生活は幸せいっぱいに思われましたが、そう長続きはせず9ヶ月での離婚となってしまいました。

その後、1956年には劇作家のアーサー・ミラーと結婚しています。

謎に包まれたJFK、そしてモンローの死

1961年にはアーサー・ミラーとも別れる事になりますが、それ以前からアメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディとの関係が取りだたされています。二人の仲はマフィアと関係の深いと言われているフランク・シナトラが取り持ったと言われています。

J・F・ケネディの1962年の45才のバースデーパーティーには、艶かしいドレス姿で「ハッピーバースデイ・ミスター・プレジデント」と歌い、ケネディに「いつ引退しても悔いはない」と言わしめましたが、実はこの時すでに二人の関係は終焉を迎えていたようです。

ケネディはその後暗殺される事となりますが、その謎は未だに解明されていません。

同様にマリリン・モンローの自殺も、多くの謎に包まれています。

アメリカの国民に愛された二人の死。

「本当の恋人は、宙を見ているだけでゾクゾクさせてくれる」とマリリンは言っていますが、二人は今”ソラ”の上で幸せな生活を送っているのでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*