意外!ブルース・ウィリスさんもじつは吃音持ちだったらしい!


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
ブルース・ウィリスは高校時代に吃音に悩まされていたらしいのですが、ステージ上だとどもらなかったらしく、演劇部に所属。その後、生徒会長も努めるほどまで治ったそうです。なんか秋野暢子さんみたいなエピソードですね。その後は「ダイハード」シリーズや「アルマゲドン」などが世界的大ヒットとなったのは周知の事実です。それでは彼の吃音人生を見ていきましょう。

この人の生い立ち

ブルース・ウィリスは1955年、3月19日に西ドイツのイーダー、オーバーシュタインで誕生しました。

父親は、アメリカの兵士でデイビッド・ウィリスで

母親は、マレーネ・Kという人物でドイツ人でした。

1957年、父のデイビッドが軍隊を除隊して家族を連れアメリカのニュージャージー州カーニーズポイント郷

へと移り住みます。

子供の頃ブルースは、少し内気な少年だったといわれていますが彼のテレビや映画でセリフを喋っている姿を見るととても想像できませんね。

そして、彼は地元高校を卒業後、警備員として働いたり私立探偵としてもはたらいていたそうです。

こうして色々な仕事をしていた彼ですが、俳優になることを決意し大きく人生の舵をきったのです。

彼の代表作品

ブルース・ウィリスはこれまでに数多くの映画やテレビに出演してきました。

彼が、私立探偵業を辞めて俳優を目指しはじめた頃の作品が「こちらブルームーン探偵社」という

作品でした。この作品は第5シリーズまで続き彼はコメディ役者として活躍します。

そして、1988年には、皆さんご存知の代表作「ダイハード」に出演します。

この映画は、世界的に大ヒットして、全世界で1億4千万ドル以上の興行収入を得ます。

彼はこの映画でニューヨーク市警の部長刑事ジョン・マクレーンを演じます。

彼は、ほとんどスタント無しでジョン・マクレーンを演じます。

ピンチの場面でもひょうひょうとした態度で敵と戦うマクレーン刑事にはすごく引き込まれてしまいますね。

彼の生活、家族構成は?

彼は、映画「張り込み」のプレミアム試写会にて女優であるデミ・ムーアと出会います。

二人は1987年11月21日にめでたく結婚し、2000年10月18日までにルーマー・ウィリス、

スカウト・ラルー・ウィリス、タルーラ・ベル・ウィリスの3人の娘に恵まれます。

ですが、のちにブルースとデミは離婚することになります。

夫婦というのは大変ですね。

そして、離婚後の2009年3月21日にブルースはエマ・ヘミングと再婚を果たします。

一方のデミ・ムーアもアシュトン・カッチャーと再婚していますね。

さらに、すごいことが二人ともお互いの結婚式にお互いを招待しているということが日本ではあまり

考えられませんね。

しかし、ブルースの結婚式は公式なものではないらしく後日ビバリーヒルズで正式に結婚式をあげたそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*