どもりがなんだ!スキャットマン・ジョンさんが吃音を改善した意外な方法


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
はじめて彼が私と同じ吃音者であると聞いたときはびっくりしました。吃音を逆手にとり、早口で歌う「テクノスキャット」は大ヒットしました。あの「ぴーぱっぱぱらっぽぅ、ぱらぱらぱらぱらぴーぱっぱぱらっぽぅ」というあれです。ちなみに「スキャットマン基金」とは吃音者支援の団体でいかに吃音に注力していたかがわかります。

プリンのCMでお馴染みの

スキャットマン・ジョンという名前だけを聞いてもピンとこない人が多いかもしれませんが、90年代にプリンのCMで「プッチンパポペ~♪エビバディプリンプリン♪」というCMソングを歌っていたおじさんと言われれば、20代以上の年代の人は覚えがあるはずです。

白のセットアップに白のハットを被って口ひげを生やしたあのおじさんがスキャットマン・ジョンです。

彼の曲はスキャットという独特の技法を用いた歌唱法が特徴で、「ドゥビドゥバ」や「シャバダバ」のように自らの声をまるで楽器の音色のように操ることで、一つのサウンドを作り上げていました。

スキャットはジャズなどの即興性の高い音楽に取り入れられることが多く、日本でも「夜明けのスキャット」や「恋のフーガ」でも聴くことができます。

吃音症と幼少期

スキャットマン・ジョン、本名ジョン・ポール・ラーキンは子どもの頃から吃音症という障害を抱えており、言葉を上手く発することができない、どもるなどの症状に悩まされていました。

そのため人前で喋ることに不安を抱え、言葉以外の表現方法を探しているうちにピアノと出会い、10代の頃からジャズクラブでジャズピアニストとして活躍をしています。

しかし次第にアルコールやドラッグに溺れるようになり、一時期は音楽と離れていた時期もありました。

40代になると妻の助けもあり、それらの依存症を克服すると共に、自身の吃音症とも真摯に向き合うようになります。

そこで吃音症を生かしたスキャットという歌唱法に出会い身につけることで、スキャットマン・ジョンが誕生することになります。

遅咲きのデビュー

40代後半から50代になり別の仕事をしていたスキャットマン・ジョンは、テクノやヒップホップのサウンドに自信のスキャットをミックスさせた曲を作ることで一大ヒットを成功させます。

吃音に悩む人たちに向けたメッセージや今までにない創作性の高いサウンドは世界中で大ヒットをして、日本でもアルバムが250万枚のダブルミリオンセラーを記録するなど爆発的な人気を博しました。

日本の吃音者団体とも交流があり、イベント活動に参加をしたり賞金を寄付したりなど、吃音者の社会的認知に向けても盛んに行動を起こしていました。

晩年になると咽頭がんを患っていたこともあって、ヴォーカルを他のアーティストに任せ、自身の音楽活動は控えることになりました。

1999年に亡くなってからも妻が率先してスキャットマン基金という吃音者団体を設立して、吃音に悩む人たちをサポートしています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*