ジュリア・ロバーツさんは実は吃音者だったって知っていましたか?


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
子どものころは吃音に悩んでいたという記録があります。どうやって治したかはいまなお不明です。

この人はどんな人

両親が共に役者の3番目の子として1967年にアトランタに生まれました。高校を卒業後にニューヨークでオーディションを受ける日々が続きます。1998年に映画デビューをします。翌年の「マグノリアの花たち」でゴールデングローブ賞の助演女優賞を受賞して注目されます。さらに、1990年リチャード・ギアと共演した「プリティ・ウーマン」で当たり役となって映画も大ヒットしてスターの座をつかみました。2001年には「エリン・ブロコビッチ」で主演女優賞を受賞します。2006年にブロードウェイの舞台作品に出演しましたが、評判はあまり芳しくなかったようです。理由は不明ですが、反日という噂がありましたが、2010年8月に初来日してフアンを喜ばせました。

こんな私生活

これまでに多くの男性との交際歴があり、結婚と離婚を繰り返している。2002年に映画カメラマンと結婚し、子供を3人出産しています。「幸せの教室」で共演したトムハンクスとは長年の友人で今も家族ぐるみの付き合いをしています。2009年にインドで撮影された映画「食べて、祈って、恋をして」の時に、ヒンドゥー教に改宗しています。この撮影の際にヒンドゥー教に興味を持ったのではなく、かねてからヒンドゥー教を学んでいたと語っています。信仰の面で厳格さを持つ彼女の真摯さが高く評価されて、アマリカのヒンドゥー教団体「ユニバーサル・ソサエティ・オブ・ヒンドゥーイズム」の指導者であるラジャン・ゼッド氏は彼女に栄誉を与えています。

多くの資産

2001年6月に豪華なハイテク仕様のトレーラー車を日本円で4,200万円で購入したことで話題になりました。このトレーラー車には、3つの寝室と豪華なバスルーム、デラックスなキッチン、衛星放送のアンテナ、自動進路設定システム等が付いているといいます。2005年には、「最も出演料の高い女優ランキング」で、映画1本の出演料が2000万ドルで1位になりました。2007年には、エンターテイメント界で活躍する女優で資産の多いトップ20の中で総資産169円で第8位にランクされました。映画「バレンタインデー」の出演では、わずか6分間の出演で2億7000万円の出演料だったと言います。またイタリアのコーヒーメーカーのコマーシャルでは、台詞なしの45秒で1億3200万円だったと言います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*