意外!ウィンストン・チャーチルさんもじつは吃音持ちだったらしい!


吃音界の有名人と言えば吃音モンキーさんだと思いますが吃音モンキーさんのサイトがこちらです。
吃音改善の情報サイト

やはりと言おうか吃音の治し方についての情報量はすごいものがあります。自らの吃音体験と吃音を治された経験から語られる言葉は力がありますね。「私も治るかも・・・」と希望が持てます。 その中でもやはりこの2記事がずば抜けてまとまっています。吃音をなんとかしたい方は必読です。

↓記事はここから↓
イギリスの首相です。第二次世界大戦の勝利に導いたとして有名な人物。雄弁家として知られているが、過去に吃音を含めた言語障害に悩まされていた過去を持つ。最後は自分で乗り切ったと告白している。ちなみにイギリスでは吃音はジェントルマンの証とされていたこともあるというから驚きですよね。理由は吃音者は繊細で共感力、想像力があったことが要因のようです。

戦車を生み出した張本人!

戦車は兵器として有名です。実は戦車のアイデアを考えたのはチャーチルなのです。

第一次世界大戦のときに、農業用トラクターに機関銃と防弾鋼板を取り付ければ、相手の包囲網を突破できるのではないかと提案しました。これが今なお使われている戦車の核となったアイデアなのです。

とはいえ現在の戦車とチャーチルが考えた戦車には違いがあります。というのも初めて戦車が投入されて以降、イギリス以外の国もこれは使えると開発を始めたからです。各国で独自の進化を遂げた戦車は誕生当時とは異なっているのです。

とはいえその根本となるアイデアを生み出したのがチャーチルであることに変わりはありません。こういった兵器を生み出してしまったことと、戦争時に活躍した政治家であることから「戦争屋」とも呼ばれているのです。

プロにもなれるほど画家の才能!

ウィンストン・チャーチルは絵の才能に非常に長けていました。40歳と遅くから絵を描き始めたにも関わらず、500を超える作品を生み出しているのです。

1925年には名前を隠して投稿した作品が金賞を受賞しており、当時はアマチュア画家にしてはうますぎると賞賛されたほどです。

後に描いたのがチャーチルであると画壇にも知られることになるのですが、そのときに歓迎を受けたことをきっかけに、アマチュア画家という一面を政治にも用いるようになったそうです。

とはいえチャーチルは絵を心の安らぎの一環として愛しており、奥さんはとある作家に絵がなければとっくに心臓病で亡くなっていたかもしれないと語ったそうです。

このようにチャーチルにとって絵はなくてはならない存在だったのです。

実はノーベル文学賞を受賞している!

ウィンストン・チャーチルは回顧録の『第二次世界大戦』という作品で、ノーベル文学賞を受賞しています。しかも同じ年の文学賞の候補にかの有名な作家ヘミングウェイがいたそうです。

若い頃には新聞社の特派員として働いたことがあり、多くの記事を書いています。記事を書くためにも多くの書物を読み漁っていて、その経験が後にノーベル文学賞を受賞できるほどの文章力を獲得することに繋がったのでしょう。

政治家になった後もチャーチルは実に多くの本を出版しています。人々の心を捉える優れた言語センスを持っていたと言われており、演説では多くの人をあっと驚かせました。その力が文章にも表れているのです。

戦争の経験を持っていることも、後世にまで残る名著を残すことにも繋がったと言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*